性行為の後に飲む緊急避妊薬(アフターピル)とは?

考える女の人

アフターピルは緊急避妊薬です。
避妊に失敗した次の日に服用するピルであることからモーニングアフターピルと呼ばれることもあります。
アフターピルは性行為を行って避妊に失敗してしまった後に服用するピルであり、緊急避妊薬であることから常用するものではありません。

性交渉の時に男性がコンドームを使用しなかったり、性交渉の時にコンドームが破損してしまった場合など、望まない妊娠を回避するために服用します。
アフターピルは低用量ピルのように計画的に妊娠を回避するものではなく、避妊処置に失敗したり、講じなかったりした場合に緊急で服用するものです。
男性主導の避妊具であるコンドームとは異なり、女性主導で避妊が可能です。
レイプなどの性犯罪にあった際にも妊娠を回避するための緊急避妊薬としても活用されています。

アフターピル(緊急避妊薬/モーニングアフターピル)には多量の女性ホルモンが含まれています。
アフターピルを服用することで受精卵の子宮内膜への着床を防ぎ、排卵を遅らせ、至急頚管粘液を変化することによって妊娠を回避します。
アフターピルの避妊成功率が高いのは性行為から72時間以内です。
この72時間という時間は、受精卵が着床するまでのギリギリの時間であると言われています。
精子と卵子がくっついて受精が生じなければ妊娠を回避することができますし、精子と卵子が受精して受精卵となっても着床しなければ妊娠は成立しません。

アフターピルには多量の女性ホルモンが含まれているため、身体に大きな負担をかけることになる薬です。
多量の女性ホルモンを身体の中に入れることで強制的に身体のホルモンバランスを変化させ妊娠した状態と同じホルモンバランスにします。
それにともなって副作用が出ることもあるため注意が必要です。
代表的な副作用としては吐き気・目眩・嘔吐・頭痛・下腹部痛などの症状があらわれることがあります。
副作用が強く出た場合には専門的な知識のある医師に相談するなどすることが大切です。

アフターピルの服用による避妊成功率は約80%

アフターピルは性交渉後72時間以内に服用することによって効果を発揮するピルです。
72時間を越えて服用しても避妊効果は認められますが、妊娠してしまう可能性が高くなってしまうため注意が必要です。
72時間以内に服用することで一定の避妊効果が認められますが、性行為を行ってからできるだけ時間が経過していない状況での服用が最も避妊効果が高くなります。
性行為から時間が経過すればするほど避妊成功率は下がってしまうため注意が必要です。

アフターピルの服用による避妊成功率は約80%と言われています。
アフターピルは妊娠回避に有効な薬ですが100%妊娠を回避できるわけではありません。
そのため、アフターピルの効果を最大限に高めるためには避妊に失敗したらなるべく早く服用するようにすることが大切です。

通常、病院でアフターピルを処方してもらう場合には避妊に失敗した後でないと薬を処方してもらうことはできません。
一方、通販を活用すればいつでも自分の好きなときにアフターピルを購入することができます。
お守りのように事前の対策としてアフターピルを利用するのであれば通販での購入がおすすめです。

アフターピルの避妊成功率は非常に高いです。
しかし、身体に大きな負担をかけてしまいます。常用するものではありません。
望まない妊娠を回避するための対策として、性行為後できるだけ早く服用することが大切です。

性行為後に女性主導での避妊が可能な最後の拠り所です。
種類にもよりますが、アフターピルは基本的に1錠服用するだけで避妊効果を発揮する薬です。
避妊に失敗してしまった場合などには、72時間以内にアフターピルを服用し、望まない妊娠を回避するようにしましょう。