低用量ピルのトリキュラーで確実な避妊

持たせる錠剤

女性が服用するタイプの避妊薬として知られる低用量ピルのうち、特に人知名度が高いのがトリキュラーです。
日本のみならず世界中の国々で承認されている安全性の高い薬で、正しく服用していれば約99%という確実に近い避妊効果を得ることができます。
他の避妊方法と比べても避妊の成功率が高いので、絶対に妊娠したくない場合は最適だと言えます。
低用量ピルの特徴や効果、服用方法に副作用などあらゆる情報を知り、安心して使えるように準備しておきましょう。

低用量ピルはホルモンの量が少ない

トリキュラーは卵胞ホルモンと同じ作用を持つエチニルエストラジオール、黄体ホルモンと同じレボノルゲストレルを配合しています。
女性の身体は卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスを保って存在しており、周期に従って分泌量を変化させることで排卵や生理を引き起こします。
エチニルエストラジオールやレボノルゲストレルはこれらの女性ホルモンと同じ作用を及ぼすため、人為的にホルモンバランスを変化させることが可能です。

トリキュラーを始めとした低用量ピルは、従来利用されていたピルと比べても配合されている成分量が非常に少ないです。
成分が少ないと効果が低いのではないかと考えがちですが、決してそんなことはありません。
低用量ピルを服用すると、身体は一時的に妊娠した状態と同じホルモンバランスになります。
これによって脳は排卵を抑制したり子宮内膜の成長を止める指示を下し、結果的に妊娠を予防することができます。

これらの作用だけなら、必ずしも多量のエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは必要ありません。
低用量ピル程度の成分量でも効果を発揮できるので、必要最低限の量だけが配合されています。
成分量が低いということは身体への負担も小さいということなので、副作用が軽く済むというメリットがあります。

しかもトリキュラーは錠剤ごとに配合されている成分量が異なるため、より自然な形で効果を発揮できるのが特徴です。
女性の身体が本来行っているホルモンの分泌量に近い状態で作用するので、無理なく効果だけを得ることができます。

このように、低用量ピルは低いホルモン量でも非常に高い避妊効果が得られ、同時に身体への負担が少ないという優れた薬でもあります。
実際の避妊率は99%を超え、避妊以外にも様々な効果を与えてくれるので詳しい内容を知っておきましょう。

トリキュラーは脅威の避妊成功率99.7%

経口避妊薬は毎日継続して服用することが前提で、トリキュラーも例外ではありません。
毎日の服用で身体のホルモンバランスを無理なくコントロールし、避妊に適した環境にすることができます。
正しく使用した場合、その避妊率は99.7%というから驚きです。
この避妊率の高さは驚異的で、他の避妊方法と比べても確実性は一目瞭然です。

トリキュラーの場合、避妊効果は服用を始めたその日から発生します。
もちろんそれには条件があり、必ず生理初日から服用を開始した場合に限られます。
生理から数日経過して飲み始めた場合、正しく避妊できない可能性もあるので注意しなければなりません。
生理開始日に服用できなかった場合は、服用から14日目以降にならないと高い避妊効果を得られません。
14日間は妊娠の可能性があるので、経口避妊薬以外の避妊方法を一緒に行う必要があります。

また、成功率が99.7%ということは0.3%の人は避妊に失敗するということです。
ごく僅かでも妊娠の可能性があるなら優れた避妊方法とは言い難いですが、この0.3%は正しい使用方法を守っていなかったことが原因だと考えられます。

例えば、毎日決まった時間に服用していなかったり服用直後に嘔吐してしまった、そもそも服用したトリキュラーが偽物だったという可能もあります。
気付かないうちに消費期限の過ぎたトリキュラーを使用していたり、併用禁忌の薬や物質と一緒に飲んでいたというケースもあるでしょう。

せっかくの高い避妊率を活かすためには、トリキュラーを使用する際は必ず正しい使い方を守ることが大切です。
基本的な服用方法はもちろん、効果を得にくくなる注意点もきちんと理解することが欠かせません。

使用方法は3週間1日1錠服用する

トリキュラーは1日1錠を服用することで効果を得られる薬なので、毎日継続して飲み続けなければなりません。
28日を1つの生理周期と見なし、28錠が入ったシートが1ヶ月分となります。
ただ、実際には21日目までホルモンバランスをコントロールすれば排卵を抑制することができるので、3週間の間1日1錠を服用すれば十分です。

つまり実際には21錠目まであれば良いので、トリキュラーには28錠タイプの他に21錠だけが封入されたタイプもあります。
28錠タイプは、残りの7錠として何の成分も含まれない偽薬が封入されています。
なぜ偽薬がわざわざ入っているかというと、毎日服用を続けるという習慣が途切れないようにするためです。

21錠タイプだと7日間は何も飲まない期間ができるため、8日目に再びトリキュラーの服用を再開するのを忘れる人も多いです。
これでは妊娠のリスクが高まるため、危険を避けるために偽薬が準備されています。
つまり、効果そのものは3週間の服用で十分に得られるものの、翌月のことまで考えると服用習慣を続けられる28錠タイプが安心だと言えます。
もちろん、翌月分も正しく服用を再開できる人なら21錠タイプを使用してもなんら問題はありません。

ちなみに、トリキュラーを服用する場合は必ず毎日時間帯を揃える必要があります。
バラバラの時間に服用すると血液中の成分の濃度が一定に保たれず、ホルモンバランスに正しく作用できないためです。
毎日服用しているつもりでも、時間帯が不規則だと高い避妊率が維持できず、妊娠してしまうこともあるので注意しておきましょう。

また、服用している間は副作用が出ることもあります。
どのような副作用があるのか、併用禁忌なども併せて知っておくことが大切です。

トリキュラーの副作用、併用注意・禁忌

どんな薬でもそうですが、効果があれば副作用も出るものです。
トリキュラーの場合も、成分量が少ないので比較的軽いものばかりですが副作用が現れてしまいます。
通常は服用を始めてから間もない時期が最も発症のリスクが高く、成分に身体が慣れていくと次第に症状は消失していきます。
このため副作用を気にしすぎる必要はありませんが、慣れるまでは不調を感じるので注意が必要です。

トリキュラーは、吐き気や倦怠感、乳房の痛みや頭痛などの副作用が出ることが多いです。
女性ホルモンに作用するため、いわゆるつわりに似た症状が出やすくなります。
服用から2週間以内には落ち着くのが一般的ですが、体質に合わない場合は10週間ほど副作用が続くこともあります。

副作用の発症頻度はかなり低いですが、稀に起きる重篤なアナフィラキシーショックは非常に危険です。
呼吸困難や意識消失で命を失うケースもあるため、アレルギー体質の人は特に注意しておきましょう。
過去に薬でアレルギーを起こしたことのある人は、2回目以降の摂取でアナフィラキシーショックが起きる可能性が高まるので、必ず医師や薬剤師に申し出なければなりません。

この他、解熱鎮痛剤や抗菌薬、ホルモン調節薬や抗うつ剤などは併用すると避妊効果が低下するものもあるので併用は避けましょう。
医薬品以外に、ハーブの一種であるセントジョーンズワートも同じくトリキュラーの効果を邪魔してしまいます。
さらに乳がんや子宮内膜がん、塞栓症や原因不明の不正出血などの持病がある人は使用禁忌なので絶対に使用しないでください。
常用している医薬品やサプリメントなどがある場合は、トリキュラーの使用前に医師などに確認したほうが良いでしょう。

関連記事
トリキュラーを飲み忘れたらどうすればいいの?
紙を出す医者

内服タイプの医薬品には、飲めばすぐに症状を緩和させる効果があらわれるものと、継続して服用することではじめて効果が発揮されるものの2種類があります。後者に該当する医薬品を服用する場合は、飲み忘れに注意す...